キャッシングは蟻地獄

みなさんはカードローンというとても便利で即効性のあるおそろしい世界をご存知ですか?
キャッシングの落とし穴にみごとにハマってしまったという人は今の時代多いことでしょう。クレジットカードを作ったとしましょう。カードローンともいうこのキャッシング機能を頼んでもいないのに付属されていることもありますよね。そして、カードローンの機能を追加すればポイントや特典をいただけるなんてありがたい恩恵まで受けられます。
お金が本当に早急に必要な時、このキャッシング及びカードローンの機能は本当に本当にありがたく、救世主のやうな存在です。今や銀行だけでなくコンビニや駅、デパート、スーパーなど私達の身近な寄り道さきでさえ私達にお金を用立ててくれるのです。そのあと、どんなつらく苦しい日々が訪れようとも知らずに、、、どんどんそのドツボにハマっていくばかりなのです。借りてしまったらよく月返せばいいや、はたまたボーナスで一括で返せるし、なんて思ってはいませんか?

お金が原因で離婚

私はお金が原因で離婚したも同然です。旦那の給料が安すぎて、マイホームを買い子供が2人できた家庭はただでさえ火の車でした。共働きでずっとやってきた生活スタイルは、私が産休に入っても育児休暇に入っても、そして職場復帰するまでの何年か、なかなか下げることは難しいものでした。
収入が約半分に減り、旦那の安月給だけでは当然生活できず、ついに手を出してしまったのです。カードローンという名のキャッシングの世界に。最初は1万えんくらいなら、そのうち3万、5万と一回にキャッシングする額は増えていったのです。
なかでも自動融資なんていう恐ろしいシステムが銀行にあったなんて私は知りませんでした。
ただのキャッシングならまだ可愛いもので。この自動融資が本当に恐ろしい。銀行から様々な支払いが引き落とされる時、残高が不足していると勝手に銀行が融資してくれ、私の口座に入金されるのです。
そんなことが知らずのうちに続き、キャッシングの総額は150万をゆうに超えていました。こんな恐ろしい世界。人生が狂いますよ。